Blog

物件撮影に伺い、FE 12-24mm F4 Gを使ってみました

物件撮影で試してみたいと思っていたSONY FE1224を使ってみました。

いつも使っているSIGMA 12-24/f4とは驚きの重量差です。

ハンドリングが悪いはずはありません。

純正だけあって、さすがのAFスピード&制度。

やはりアダプターを介しての利用とは異なります。

当たり前ですが、ソフトウエア調整が入っているので、流れはあるもののフリンジや滲みは綺麗に補正されています。

被写体によって仕上がりに差が感じられますので、焦点距離やソフトウエア補正の波(?)なのかもしれません。

とはいえ、使い勝手の手軽さを含めて純正12-24/f4はアリではないでしょうか。

 

ただ…ちょっと物足りないというか…おそらく自分自身の問題だと思いますが、手軽すぎて気を抜いてしまうケースが有ったようです。

見た目と仕上がりのパース感にちょっとズレを感じました。

時間が無くてテストできていませんが、画角によってディストーションはSIGMAの方が良い気がします。

ソフトウエア補正だからか、被写体によっで流れ方やにじみの感じが異なる気がします。

とはいえ、パッと見のシャープさや解像感などは純正の方が上回る気がします。

 

レンズ単体の存在価値や買い足しという意味ではアリなのですが、SIGMAを手放しての買い替えと考えると、ちょっと再考しようかなと思ってしまいました。

建築物件撮影

少々曇ってはいたものの、2案件の物件撮影させていただきました。

毎度のα7R3とSIGMA Art 12-24/f4の組み合わせ。

SONY機しか使わないのであれば、レンズをSONY純正12-24へ変更するのだけど…まだCanonも使い続けるので、買い替えまではいけない。

とはいえ、あの軽量&小さなサイズは魅力的。

 

最近はデザインや動画編集ばかりなので、たまには外出しなくては…と思っていたので良い外出になりました。

美容室の撮影に伺いました

美容室の広告用写真撮影に伺いました。

プライベート感溢れる空間です。

チラシの制作まで含めてご依頼をいただき、そのチラシで使われる写真を一通り撮影させていただきました。

いたるところにオーナーのこだわりが感じられる素敵な空間です。

ドローンにて新規マンション物件景観撮影

ドローンで新築マンションの景観撮影を行いました。

前日の雨が気になっていましたが、そんな心配は必要のない晴天。

しかし、風はなかなかの強さです。

風が強いと言っても飛行できないほどではなかったので撮影実施。

撮影ポイントを決めつつのホバリングはなかなかな機体角度でしたが…

 

普段の撮影はDJI PHANTOM 4 PROにて行っていますが、最近はMAVIC 2 PROに惹かれ中。

上方向のセンサーや折りたたんで持ち運べる手軽さはいいですね。

カメラはハッセルブラッド!というものの、個人的にハッセルブラッドってカメラボディメーカーとして有名な気が…ハッセルのボディにツァイスのレンズという組み合わせが一番イメージしやすいのですが、DJIでは「ハッセルブラッド」と表現されていますね。

ハッセルがカメラ部分を製作して、レンズはカールツアイス、イメージセンサーはSONYという組み合わせだと、個人的にかなり魅力を感じるのですが…

とはいえ、気持ちはMAVIC 2 PROに傾いています。

豊田市にて新築物件撮影

豊田市で新築物件の撮影をさせていただきました。

オーナー様はもちろん、建築業者様、デザイン事務所様も一緒ということで、SONY α7R3とiPadを PlayMemories Mobile にて接続、状況を確認してもらいつつの撮影です。

 

壁や床の木材はもちろん、仕上げの素敵な漆喰の壁面、天板に切り出した石を使ったアイランドキッチンは全て手作り、暖炉や明り取りの天窓もあり、石の床と木材の床で構成されたとても素敵なお宅です。

午後からの撮影開始で、外光を入れての撮影から夜の室内灯のみの撮影まで行いました。

さすがに夜は寒くなってきましたが、家の中はとても暖かくいい感じ。

 

いつかは、こんな素敵な住宅を持ちゆっくりくつろぎたいなと思ってしまいました。

Web用素材撮影と打ち合わせ

朝からWeb業者様からのご依頼で素材撮影。

なかなかの強風…そして、寒くなってきたことを実感。

人物撮影がメインなのですが、風がちょっと…無いのもつまらないけど、限度がありますね。

 

午後からは打ち合わせが2件連続。

まずはフォートロジー(気質学)に関して。

広告やWebで使用する言葉や文章のために心理学(NLP)や言語学を学んでいたのですが、その時に出会ったのが気質学(フォートロジー)です。

人とのコミュニケーションで使う事の出来る心理学としては、ともて分かりやすく使いやすいものだと思います。

このフォートロジーを教える事が出来るようになり、様々な企業様や個人様にセミナーを開催しようと話を進めさせていただいております。

 

もう一つは新築物件の撮影に関する打ち合わせです。

まだ、外構工事が出来ていないという事で、内部の撮影のみになりそうです。

外観撮影時には、ドローンでの空撮も予定しました。

 

どちらも完成が楽しみです!

建築物件(インテリア)撮影

撮影のお仕事をいただいているインテリアデザインの事務所からご依頼。

以前、何も入っていない部屋を撮影させていただきましたが、内装工事が終わったという事で撮影に入らせていただきました。

内装は掲載することが出来ませんので、綺麗な夜景を。

高層マンションですので、なかなか素敵な景色です。

 

次は戸建撮影の予定ですので、ドローンを使っての撮影も考えさせていただいております。

新築マンション最上階の撮影

新築マンション最上階の撮影に伺いました。

写真掲載は出来ないのですが、ピアノも設置されるそうです。

素敵な間接照明などもあるので、今回は夕方から夜にかけての撮影です。

造作インテリアもピッタリ素敵でした。

一般的な物件撮影も行いますが、インテリアデザインに拘った部屋の撮影は楽しいですね!

台風前日の物件撮影

台風の前日に物件撮影をさせていただきました。

翌日の台風があんなに凄い事になろうとは思えない日差しが差し込みます。

今回は手軽な手持ち撮影という事で、レンズはいつものSIGMA 12-24/f4ですが、カメラはいつもの5D3や1DXではなくSONY α7R3。

水準器が表示できるのは良いのですが、参考になる程度で実用には限界があります。

とはいえ、無意識に水平垂直からズレてしまう事を確認する事が出来るので、マインドが緩んでしまう事は防ぐことが出来ますね。

マウントアダプターを介してCanonマウントのレンズを使っていますが、時々AFが迷ったりしてうまく動いてくれない時があります。

やはり純正の方が良いんでしょうけど…それほど使わないかな…

某有名料理店、ご自宅リフォーム撮影

有名料理店オーナーの方のリフォームされたご自宅を撮影させていただきました。

デザイン事務所の方とは動画の撮影もさせていただいたのですが、今回は写真撮影のみです。

 

昨今、物件の撮影が増えてきました。

店舗やご自宅など、外観内観含めて撮影対応させていただきます。

撮影案件などございましたら、コチラからご連絡ください!