Blog

様々な空撮を

空撮のお手伝いとして、一日伺いました。

まずは、ウエディングの撮影を2件。

教会から出てくるシーンや、ゲストと一緒にドローンへ手を振るシーンなど。

もちろん外なのですが、ちょっと強めの風の中、ドローンを制御するワイヤーを取り付けての撮影です。

次に披露宴会場内での撮影。

こちらは建物内での撮影なのですが、ゲストの入場や乾杯シーンなどの撮影となります。

そして最後に…個人的に初体験となる花火の撮影だったのですが、あまりの強風でドローンでの空撮は中止に…残念です。

花火の中をドローンが飛行するのですが、なかなかの迫力ある映像の様で。。。本当に残念でした…

新しいドローンを導入しました

この度、新しいドローン「MAVIC 2 PRO」を導入いたしました。

ハッセルブラッド製のカメラを搭載、センサーはPhantom 4 Proと同じ1インチ(SONY製のままという噂)。

Phantom 4 Proの5方向から、上面を含む6方向に向けての対物センサー(カメラ含む)で安全性を向上。

画像転送システムも新しくなり、操作性の面でも安心感が増えています。

 

そしてなにより、折り畳みが可能になったことによる運搬効率のアップ。

というよりは、今まで車移動しか考えられなかったドローンの持ち運びが電車でも余裕で可能になりました。

 

小型化による画質劣化の心配は無く、むしろ画質は向上しております。

何より、今まで以上に撮影対応可能な範囲が広がりました。

 

新しい機体の申請や周辺機器の準備に少し時間がかかりますが、新たな許可が下り次第、即実務投入いたします。

 

新たな機体導入に伴い、空撮費用を期間限定にて割引させていただきます。

この機会に空撮をお試しください!

ドローンにて新規マンション物件景観撮影

ドローンで新築マンションの景観撮影を行いました。

前日の雨が気になっていましたが、そんな心配は必要のない晴天。

しかし、風はなかなかの強さです。

風が強いと言っても飛行できないほどではなかったので撮影実施。

撮影ポイントを決めつつのホバリングはなかなかな機体角度でしたが…

 

普段の撮影はDJI PHANTOM 4 PROにて行っていますが、最近はMAVIC 2 PROに惹かれ中。

上方向のセンサーや折りたたんで持ち運べる手軽さはいいですね。

カメラはハッセルブラッド!というものの、個人的にハッセルブラッドってカメラボディメーカーとして有名な気が…ハッセルのボディにツァイスのレンズという組み合わせが一番イメージしやすいのですが、DJIでは「ハッセルブラッド」と表現されていますね。

ハッセルがカメラ部分を製作して、レンズはカールツアイス、イメージセンサーはSONYという組み合わせだと、個人的にかなり魅力を感じるのですが…

とはいえ、気持ちはMAVIC 2 PROに傾いています。

今年はマイクロドローンにも

飛ばしたいと思いつつ、なかなか機会に恵まれなかったマイクロドローン。

小さなサイズでも綺麗なHD画質で撮影できることは知っているものの、現在撮影で使用しているドローンにようにGPSや各種センサーなどはなく、操作は全てマニュアル。

困ったらプロポのスティックを離せば良いというモノではない。

とはいえ、PhantomやMAVICでは飛ぶ事の出来ない場所や入れない場所の撮影できないシーンを撮影することができる。

これは何より魅力的!

 

ただ、どれほど難しいものか、費用がいくらか、無線免許の取得と開局が必要なのはわかっていても、具体的にどうすればいいのか…

 

ということで、今日マイクロドローンの情報収集と体験に行ってきた。

 

やはり…飛ばすのは難しい…かなりの練習が必要。

色々教えてもらったので、何はともあれ、まずは1セット買って練習してみよう。

今年最後の打ち合わせは、写真撮影とTiny Whoop

以前から興味のあったTiny Whoopについて、過去にドローン飛行エリアの視察でお会いし、Tiny Whoopもお持ちの方とお話しすることが出来ました。

具体的に撮影案件の予定が有る訳でもないのですが、様々なマイクロドローンでの撮影映像を見ていると「やってみたい」という願望が…

ドローンのサイズは小さいのですが、カメラ映像はHD/60pで撮影可能。

ただ、操作にはゴーグル(FPV)を使用するので、ドローンからの映像を飛ばすためにアマチュア無線4級の資格が必要との事です。

操作に関しては、現在使用しているDJI Phantomのように安定したフライングカメラではなく、パイロットの技術に依存するドローンです。

 

最近のMVでは、BUMP OF CHICKENの「シリウス」でマイクロドローンが飛びまくっています。

楽曲はさすが BUMP OF CHICKEN 安定のかっこよさです、なんとなく以前のかっこいい曲目感な感じがしますが、それはさておき。。。

現在の業務で使う事の出来そうなシーンは車などのPV、そしてダンス撮影などでしょうか。

 

来年にはTiny Whoopの導入も考えていきたいと思っています。

台風被害(震災被害)にあった屋根をドローンで点検

家屋修繕業者様より台風被害にあわれた方の屋根点検の為の空撮をご依頼いただき、撮影させていただきました。

屋根の勾配がきつく、点検するには足場を立てる必要があるとのことで、急きょドローンでの撮影依頼となりました。

 

air-ismでは震災対応や設備点検の空撮も対応しております。

新ドローンDJI MAVIC 2 Pro と Zoom の2機種が発表されました

 

DJIから新ドローンが発表されました。

とても魅力的なモデル2種です。

折りたたみ式ドローン、MAVIC 2です。

ハッセルブラッドのカメラを積んだProと24-48mmレンズを搭載したZoomの2モデルです。

全てのスペックがかなり高く、Phantom 4 Pro からのリプレイスも考えてしまいそうですが…

 

安全対策やスペック、折りたたみの便利さは今さら説明の必要はないと思います。

購入するとしたら「欲しい」と思っていたスペックを持ったZoomモデルですね。

確かにハッセル搭載モデルも魅力的です。

1インチセンサー、絞り搭載、DLog撮影、HDR動画など。

 

しかし、Phantom4Proユーザーとして欲しかったものは…

標準域付近のレンズ(出来れば望遠)、折りたためること、上方及び全方位センサーです。

 

これから色々なレビューがあがってくると思いますので、参考にしながら考えていこうと思います。

 

ドローンにはある程度の質量も必要と思いますので、P4Pを手放す事は無いですけどね。。。

使っていないP3Sは手放してもいいかな…^ ^;

ドローン許可申請、内容追加申請を承諾いただきました

ドローン飛行許可申請、内容追加された原本が届きました。

昨今、地震・台風・大雨などで様々な災害が多く発生していますね。

自分には義援金寄付程度で何が出来るわけではないのですが、何かお役にたてる事は無いかとドローンの飛行申請に入れていなかった「事故・災害対応等」を追加申請しました。

書士の方から既に承諾されたという連絡はもらっていたのですが、昨日原本が届きました。

 

とはいえ、被災地での飛行・空撮は、ある程度のチーム行動や自治体などの指示で動かないと無意味どころか邪魔になると思います。

つまり許可申請が下りたからと言って、即座に何かできる訳でもないのですが…

 

何かあった時に対応できる状態に少し近づいただけですが、いつかお役にたてればと思っています。

名古屋近郊のドローン飛行練習場になるか?

お世話になっているお客さんが貸していた倉庫に空きが出たということで、少しお話をさせていただきました。

話の中でドローンの話になり、名古屋近郊で飛ばす事の出来る場所が少ないことを相談。

空いた倉庫を使う事が出来ないかと、テスト飛行も含めて現地確認に伺いました。

場所は愛知県の甚目寺、住宅街の一角です。

倉庫は大きく4つあり、2つは繋がっています。

その中の1つ、13m×13mのテントにてテスト飛行させていただきました。

外は30度超え、通気口の無いテントはなかなかの暑さです。

テントですので電波障害は小さく、GPSはしっかり受信できますので、Phantomのポジショニングに問題はありません。

 

しかし、ドローンのプロペラ音はかなりのモノで…テントの外まで音が響きます。

住宅地にあるという事もあり、練習場にするには防音設備が必要かと思われます。

暑さ対策という意味では、換気扇か通気口が必要かと思いますし、設置できるのであればエアコンも必要でしょう。

 

音の問題さえ回避できれば、事務所を配置する場所も駐車場も問題無さそうです。

ドローン練習場を作る事が出来るといいと思うのですが…情報収集が必要なようです。

ドローン飛行実績報告書作成

毎年4回あるドローン飛行実績報告書を作成しています。

まずは表紙に申請者や許可承認番号、承認期間や報告の種類などを記載します。

次に内容です。

飛行年月日、飛行させた者の名前、DIDや30mなど承認内容に該当する飛行概要、飛行させた機体、離着陸の場所や飛行時間などを記載します。

基本的にDJI Go(DJI Go4)を使用していますので、飛行ログから実績を記載します。

今回は久しぶりにPhantom3Stdも飛行させたので、DJI Go4のみではなく、DJI Goからも実績抽出。

ちなみに申請内容に抵触しない内容の記載は不要との事ですので、抵触しない練習飛行やホビードローンの飛行は記載しません。

ただし、練習であっても飛行時間として加算できるので、報告書に記載する累計飛行時間には追加しています。

作成した書類(ファイル)の最終チェックや提出は司法書士さんに依頼していますので、一通りの記載が終われば後は司法書士さんへお任せです。

この作業を年4回行うのですが、飛行記録を思い出すのも楽しいですね。