Blog

トライク(ウォンイット)の夜間撮影&試乗会撮影

昨今プッシュしているリバーストライク1it(ウォンイット)の動画撮影をちょこちょこ行っています。

先日は夜間の高速道路走行シーン撮影、先日は試乗会の撮影に伺いました。

女性でも簡単に乗りこなせるという事で、男性のみならず女性にも楽しんでいただけました。

ただ、試乗会の途中で雨が降ってきてしまい…当初予定していたドローンでの撮影は断念。

素敵な景色の中を走るトライクをドローンで撮影したいですね!

音楽会の撮影

今年も音楽会のシーズンが始まりました。

ということで、今回はこちらのホールへ撮影に伺いました。

初めての会場なので、前日に三脚だけ設置させていただきました。

会場も音響も流石にいい感じ!

コンサートグランドの状態も良く、とてもいい音で聞くことが出来ました。

 

トライク(ウォンイット)の撮影させていただきました

ウォンイットPVを撮影させていただきましたラレストラシオン様から、簡単なテスト撮影でいいのでという事で、またウォンイットの撮影をさせていただきました。

今回は簡易的なテスト撮影という事でiPhoneとストリームの後部にGoProを取り付けての撮影です。

それにしても目立つシルバー(ミラー?)です。

自車のブレーキランプやウインカーの映り込みが気になりましたが、実際の撮影データではほとんど見つけることはできませんでした。

今週中の続き撮影も楽しみです!

お盆休みとK4GPと休み明けの仕事

まず最初に、富士スピードウェイで行われたK4GP(5時間)、総合22位、クラス9位で完走しました!

前もってもっと勉強してプランを立てれば、もう少し上位に行けた気がしますが…無事に完走できたことでヨシとしましょう。

ちなみに、このリヤバンパーのカットデザインとカット作業(片側ですが)をさせていただきました。

こういう作業も楽しいですね!

 

さて、お盆休みといいつつ、先週からウエディング撮影やら打ち合わせやらさせていただいております。

少し仕事が落ち着いてきていますので、新たなことを考えなければと思っていますが…

まずは先月お話をいただいた会社パンフレットの構想からですね。

軽自動車耐久レースK4GP、GoProを車載して撮影します

8月に行われるK4GP(軽4自動車での耐久レース)に参加させていただく事になりました!

車載カメラが欲しいという事で、ウチのGoProを使う事に。

普段使うmicroSDは64GBまでなので、今回は128GBを購入。

一応、256GBでも問題無いという話だけど、出走するのは500km(5時間)なのでこの容量でいいかなと。

 

それにしてもPROTUNEだと5時間17分しか撮れないとか…なぜ2時間も減る?!

ということで、残念ながらフルオートでの撮影です。

 

車には既にステーが付いているので、取り付けは簡単です。

近々、車載して走行テスト&撮影テストです。

マニュアルビデオを制作しつつ、Web用素材写真撮影

昨今メインの作業となっているのが販売間近のマニュアルビデオ制作。

 

といいつつ、急きょ入ってきたWeb用素材撮影を行いました。

一通りスタジオでの撮影なので、進行は順調。

白背景ベースでの撮影でしたが、個人的には背景色を変えても良いかなと。。。

 

近々、新たな背景紙を考えようかと、業者へ実物サンプルをお願いしています。

新たな撮影バリエーションが出来そうです。

ナレーション録音とボイスサンプル制作

マニュアルビデオのナレーション録音です。

うちのビデオでよくナレーションをしてもらっているMCコンパニオンさん、普段は東京で仕事をしているのですが、いまこちらに戻ってきているという事で、録音に来てもらいました。

声質は高すぎずで落ち着いた感じ、安心してお任せできます。

 

その後、オーディションなどに使用する自身のボイスサンプルも制作。

曲と合わせていい感じに仕上がったのではないでしょうか。

 

air-ismでは、ナレーション入りのプロモーションビデオや企業VP制作はもちろん、ナレーターやMCコンパニオンの宣材写真&ボイスサンプル制作も可能です。

作業手順(操作手順)ビデオ制作中

作業手順ビデオの制作を進めております。

現在は13操作7シリーズのメンテナンス手順ビデオの制作中です。

ビデオ制作ですが、まずは紙の作業手順書を基に実際の操作を全て確認します。

次に作業内容を振り分け、それぞれの構成を作成していきます。

 

構成に合わせて撮影するのですが、不慣れな手元では参考になりませんので実際に作業される方に出演していただいております。

撮影場所は、実際に操作できる場所にて行います。

 

一通りの撮影が終わりましたら、編集作業に取り掛かります。

画質などを調整、構成に合わせて編集を進めます。

そこからナレーション録音を行い、テロップやインサート画像を制作します。

テロップや映像に合わせてナレーションを入れ、調整を行います。

 

ここから最終確認を行い、修正や調整を最終OKが出るまで繰り返します。

 

最終盤がDVDであっても、基本的な撮影はフルハイビジョンで行います。

カメラはXDCAMを基本としておりますが、撮影内容によりデジタル一眼レフも使用します。

マクロレンズでの接写やハイスピード撮影、GoProなど水中対応可能な小さなカメラも使用いたします。

 

レンズや照明機材、三脚やスライダーの使用方法など、写真のノウハウとビデオのノウハウを併せ持つことで実現できる映像制作を行っております。

 

紙の手順書から動画の手順書への移行はもちろん、新たにマニュアルビデオ制作をお考えの方、是非一度ご相談ください。

納品用DVD、大量制作中

シリーズでのご注文いただきましたDVDを制作中です。

まずは、第一弾のメディア&パッケージが到着。

コピーガードを施したDVD、冊子制作&パッケージデザインの印刷、一通り対応させていただいております。

順次、ケースやメディアが届きますので、1~2ヶ月での完成を目指しています。

操作方法、作業手順のビデオ化

企業様向けにご提案させていただいております「操作方法・作業手順のビデオ化」。

当初はお客様の社内向けに制作させていただいておりましたビデオですが、販売に向けての作業を進めさせていただいております。

現在の販売予定はVol.1~7までの7本で、順次封入冊子やジャケットの制作をさせていただいております。

もちろん販売に向けての内容の見直しや修正なども行っておりますので、完成までにはもう少しお時間がかかってしまいそうですが…

 

最近では非常用発電機にも力を入れられており、現在制作させていただいておりますビデオの重要性を再認識させていただきました。

 

少子化や働き方改革等により、技術は盗む時代ではなく、分かりやすく効率よく伝授しなければならなくなってきております。

今までの紙の手順書や説明書から、分かりやすいビデオで見る操作方法や、作業手順のビデオ化が必須となってきております。

 

作業内容や手順の構成を含め、様々な面からビデオ化をサポートいたします。

操作方法のビデオ化・動画で見る作業手順書、まずはair-ismまでお問い合わせください。