Blog

GoPro 7 か OSMO ACTION か…

先日、SYSTEM5からOSMO ACTIONのセールメールが届いた。

いまなら無料で2週間トライアル&64GBのSDカード、購入されるならCareもお付けします!と。

Careまで付くのは魅力的ではある。

先日、GoPro5を売却してしまったので、手持ちはGoPro6のみ。

もう一台買おうかなぁなんて思っていたので、タイムリーでもある。

 

とはいえ、どんな映像になるのかとyoutubeのレビューを見てみた。

このレビュー、OSMO ACTIONの手振れ補正はONになってるのか?

 

結果、買うならGoPro 7だな、ということに。

色目も諧調もGoPro 7、ほかのレビューも見たけどOSMO ACTIONの手振れ補正はくせが凄くて使いにくそう。

 

OSMO+ユーザーとして、この結果は残念ではあるものの…まだまだOSMO+は使えるなという感想。

 

GoPro の白って目立つだけか? とか思ったけど、太陽の熱を吸収しないというのは大きなメリットかもしれない。

トライク(ウォンイット)の撮影させていただきました

ウォンイットPVを撮影させていただきましたラレストラシオン様から、簡単なテスト撮影でいいのでという事で、またウォンイットの撮影をさせていただきました。

今回は簡易的なテスト撮影という事でiPhoneとストリームの後部にGoProを取り付けての撮影です。

それにしても目立つシルバー(ミラー?)です。

自車のブレーキランプやウインカーの映り込みが気になりましたが、実際の撮影データではほとんど見つけることはできませんでした。

今週中の続き撮影も楽しみです!

建築現場(内装・インテリア)をタイムラプスにて撮影予定

お世話になっているインテリアデザイン&施工会社の方から、内装工事の進行をタイムラプスで撮影してみたいとのお話をいただきました。

内装とはいえ建築現場、使用する機材はGoProです。

タイムラプスで数か月撮影、というのを自動では行えないので、カギとなる作業日にGoPro撮影をスタートしていただく事となります。

最初はモバイルバッテリーからかもしれませんが、電源は現場からUSB給電の予定。

ファイル容量などを確認しつつ、進めていきます。

新たにGoPro運搬用ケース購入しました

今まで使用していたケースでは周辺機器が入りきらなくなったので、新しいGoPro用のケースを購入しました。

以前はSONY製のアクションカムも使っていましたが、現在使っているアクションカムはGoPro Hero5、Hero6の2台です。

それぞれ、色温度設定を含めたWB特性の違いから用途に合わせて使い分けています。

基本的には本体のみでも防水なのですが、水をかぶってしまう撮影では透明なハードケースを使用しています。

もちろん、ほこりや小石を避けたい場合にも使用します。

 

GoPro本体を取り付けているケースは、はめたままでもUSBポートの蓋が開くものに交換しています。

純正ケースでも本体の蓋を外せば接続することは可能なのですが…蓋が無いというのも…

 

とりあえず仕切りを外しつつ入れ方を試行錯誤していますが…まだまだスペースはありますし、効率のいい入れ方を考えていきたいと思っています。