Blog

作業手順(操作手順)ビデオ制作中

作業手順ビデオの制作を進めております。

現在は13操作7シリーズのメンテナンス手順ビデオの制作中です。

ビデオ制作ですが、まずは紙の作業手順書を基に実際の操作を全て確認します。

次に作業内容を振り分け、それぞれの構成を作成していきます。

 

構成に合わせて撮影するのですが、不慣れな手元では参考になりませんので実際に作業される方に出演していただいております。

撮影場所は、実際に操作できる場所にて行います。

 

一通りの撮影が終わりましたら、編集作業に取り掛かります。

画質などを調整、構成に合わせて編集を進めます。

そこからナレーション録音を行い、テロップやインサート画像を制作します。

テロップや映像に合わせてナレーションを入れ、調整を行います。

 

ここから最終確認を行い、修正や調整を最終OKが出るまで繰り返します。

 

最終盤がDVDであっても、基本的な撮影はフルハイビジョンで行います。

カメラはXDCAMを基本としておりますが、撮影内容によりデジタル一眼レフも使用します。

マクロレンズでの接写やハイスピード撮影、GoProなど水中対応可能な小さなカメラも使用いたします。

 

レンズや照明機材、三脚やスライダーの使用方法など、写真のノウハウとビデオのノウハウを併せ持つことで実現できる映像制作を行っております。

 

紙の手順書から動画の手順書への移行はもちろん、新たにマニュアルビデオ制作をお考えの方、是非一度ご相談ください。

納品用DVD、大量制作中

シリーズでのご注文いただきましたDVDを制作中です。

まずは、第一弾のメディア&パッケージが到着。

コピーガードを施したDVD、冊子制作&パッケージデザインの印刷、一通り対応させていただいております。

順次、ケースやメディアが届きますので、1~2ヶ月での完成を目指しています。

操作方法、作業手順のビデオ化

企業様向けにご提案させていただいております「操作方法・作業手順のビデオ化」。

当初はお客様の社内向けに制作させていただいておりましたビデオですが、販売に向けての作業を進めさせていただいております。

現在の販売予定はVol.1~7までの7本で、順次封入冊子やジャケットの制作をさせていただいております。

もちろん販売に向けての内容の見直しや修正なども行っておりますので、完成までにはもう少しお時間がかかってしまいそうですが…

 

最近では非常用発電機にも力を入れられており、現在制作させていただいておりますビデオの重要性を再認識させていただきました。

 

少子化や働き方改革等により、技術は盗む時代ではなく、分かりやすく効率よく伝授しなければならなくなってきております。

今までの紙の手順書や説明書から、分かりやすいビデオで見る操作方法や、作業手順のビデオ化が必須となってきております。

 

作業内容や手順の構成を含め、様々な面からビデオ化をサポートいたします。

操作方法のビデオ化・動画で見る作業手順書、まずはair-ismまでお問い合わせください。

新たに作業手順ビデオのご依頼をいただきました

建築関連や自動車のコーティング業者様から、新たに作業手順ビデオのご依頼をいただきました。

戸建やマンションなど様々な建物の窓や、自動車のボディコーティングなどを施工されている業者様からのご依頼です。

今後の業務拡大に際し、効率よく手順の説明を行い、また一定の技術水準を求めるために安定した教育素材としてお選びいただきました。

もちろん、教育者の伝え忘れや言い間違えを防ぐ効果にも期待いただいております。

 

今後はマニュアル動画の多言語化もお考えとの事ですので、ますます拡大していくことと思います。

製品操作手順ビデオ制作のお打ち合わせ

ある出会いから、某企業様にて販売されている商品の取扱説明ビデオのお話をいただきました。

現在は納品時に営業マンが現地に訪問して商品を説明、スマホとの連携などご説明を交えつつ実際に操作されているそうです。

 

お客さまにも様々なタイプがあり、機械操作の苦手な人から少しの説明でご自身で操作できる方まで様々です。

ただ、人材や人件費の面からも何か解決策は無いかとお考えになられていたようで、こちらで制作させていただいているマニュアルビデオに興味を持っていただきました。

 

今迄でしたら紙での手順書を添付するのですが、その場合は仕様変更やバージョンアップの度に刷新・印刷しなければなりません。

しかし、動画のマニュアルをインターネットを使った手順書動画にすることで、ユーザー様は常に最新版を見ることが可能になります。

 

製品にはQRコードなどを封入し、スマホから接続して閲覧する事の出来るマニュアル動画に繋げます。

もちろん実機や実際のスマホの画面を表示できますので、サイズ感や操作性が誰でも分かりやすくなり、アプリや商品を導入しやすくなります。

もちろん、お客様やニーズに合わせて同行する場合も必要でしょうが、全ての納品時に同行する必要は無くなります。

 

機械やスマホが苦手な方も実際の画面を動画として確認できることで、製品やアプリに対するハードルはかなり下がると思います。

 

様々な利用用途や可能性のあるマニュアルビデオ、ご興味のある方は、ぜひ air-ism までご相談ください。